キャッシュフローゲームはまずラットレースから始まります。
ゴールする(夢を叶える・不労所得を$50,000つくる)ためには、
まずはラットレースから脱出する必要があります。

ここでは、ゲームが始まってからラットレースを抜けるまでのポイントを紹介します。

キャッシュフローゲームについてまだご存知でない方はこちらをご覧ください。

5分で簡単すぐ分かる!キャッシュフローゲームのルール

ゲーム序盤の流れ

まずは、ゲーム序盤の流れについて解説します。

職業を選ぶ

ゲームはラットレースから始まります。
ラットレースでは生活するために働く必要があります。
ラットレースでの職業を選びましょう。

「職業カード」の中から好きなカードを1枚選んでください。
選び方に特に決まりはありませんので、
現在の職業や、なりたかった職業を選んでみるのも面白いと思います。

医者、弁護士、パイロットはラットレースを抜けるという点で難しいので、
初めての方にはおすすめしていません。

キャッシュフローゲームの職業カード
職業カードの例(エンジニア)

職業カードの情報を財務諸表へ書き写す

キャッシュフローゲームでは、損益計算書と貸借対照表を含む財務諸表を使います。

先ほど選んだ職業カードの情報をこの財務諸表に書き写します。
総収入、総支出、毎月のキャッシュフローの欄も忘れずに。

キャッシュフローゲームの職業カード
職業カードの情報を…
財務諸表
財務諸表に書き写す

ゲーム開始時のお金を受け取る

はじめの軍資金を受け取ります。

(はじめの軍資金)=(毎月のキャッシュフロー)+(貯蓄額)

キャッシュフローゲームのお金

自分のコマを選ぶ

私たちの分身となるコマを好きな色から選びましょう。
(色があまり可愛くないんですよね…)

キャッシュフローゲームのコマ

ファーストトラックの夢を選ぶ

ファーストトラックのピンク色のマスから、
達成したいと思う夢を選びましょう!

その夢のマスに自分のチーズを置きます。

キャッシュフローゲーム ファーストトラックの夢

ゲームスタート

ここまでの準備が終わればいよいよゲームスタートです!
はじめの順番の人からサイコロを振りましょう。

ラットレースでの目標

さて、いよいよゲームスタートですがラットレースで何をすればいいのかを再確認しましょう。

このゲームでゴールするには、まずはラットレースを脱出する必要があります。
ラットレースを脱出するための条件はこの不等式を満たすことでした。

ラットレースを脱出するための条件

(不労所得)≧(総支出)

この不等式を満たすのは2通りの方法があります。

  1. 不労所得を増やす
  2. 総支出を減らす

不労所得を増やす

財務諸表の資産を増やしていくことを指します。

ロバート・キヨサキ氏曰く、資産は「あなたのポケットにお金を運んでくれる存在」です。
つまり、卵を産んでくれるニワトリのようなものですね。

資産を増やしていくには、Opportunityマスに止まってビジネスや投資にチャレンジするのが良いでしょう。

総支出を減らす

財務諸表の負債を減らしていくことを指します。

ロバート・キヨサキ氏曰く、負債は「あなたのポケットからお金を奪っていく存在」です。
つまり、卵を食べてしまうヘビのようなものです。

負債を減らすにはお金を貯めて借金の返済をします。

ラットレースのマスについて

ラットレースには様々なマスが用意されています。
止まったマスの指示内容に従ってください。

以下で詳しく説明していきます。

Pay Check(お給料)マス

Pay Checkはお給料を表し、ラットレースで最も重要なマスです。

このマスに止まるか、通り過ぎるとお給料を貰うことができます。
しかし、ラットレースではお給料は自己申告制です。

このマスに止まるか通り過ぎたときに「Pay Check」と宣言してください。
この宣言を忘れるとお給料はお渡ししません。
絶対に忘れないように注意してください。

お給料は財務諸表の「毎月のキャッシュフロー」と同じ金額です。

キャッシュフローゲーム Pay Checkマス

Opportunity(チャンス)マス

Opportunityはチャンスを表します。
資産を増やしていくにはこのマスが重要になります。

このマスに止まったら、Small DealカードかBig Dealカードを引いてください。
(どちらを選ぶかは自由に選択できますが、BIg Dealカードを引くには手持ちに6000ドル以上必要)

カードを引いたら、その内容をよく読んでその後の行動を決定します。
カードには株、投資信託、不動産などの投資やビジネスの詳細が書かれています。
やっても良いと思えるものがあれば挑戦してみましょう!

The Market(市場)マス

The Marketは市場を表します。

このマスに止まったら、The Marketカードを引いてください。
カードには金利の変化や土地開発についてなど市場の変化について書かれています。

The Marketカードについては、他の人がカードを引いても自分に影響を及ぼす場合があります。
誰かが止まったら注意してください。

キャッシュフローゲーム The Marketマス

Doodads(むだ使い)マス

Doodadsはむだ使いを表します。

このマスに止まったらDoodadsカードを引いてください。
Doodadsカードには、様々なお金を使うイベントが書かれています。
書かれた内容に従ってお金を支払っていただきます。

お金がなくなると悲観するのではなく、息抜きだと思って楽しむのが良いと思います。

キャッシュフローゲーム Doodads マス

Charity(募金)マス

Charityは募金を表します。

このマスに止まったら募金をすることができます。
募金をするかしないかは自由に選択することができます。

募金をする場合は、総収入の10%の金額を寄付します。
そして、それ以降の3回だけサイコロを2個同時に振ることができます。

下で紹介するBabyマスやDownsizedマスを避けたいときには募金をすると良いかもしれません。

キャッシュフローゲーム Charity マス

Baby(赤ちゃん)マス

Babyは赤ちゃんを表します。

このマスに止まったら子宝に恵まれます。
おめでたいことですが、子どもをを育てるには育児費が必要です。
財務諸表の子どもの数を増やし、育児費を増やしてください。
※子どもは最大3人までで、それ以上このマスに止まっても何も起こりません。

キャッシュフローゲーム Baby マス

Downsized(リストラ)マス

Downsizedはリストラを表します。

このマスに止まったら一時的に職を失います。
具体的には、総支出の金額を支払い、2回休みとなります。

特に支出の多い状態でこのマスに止まるとかなりのダメージを受けます。

キャッシュフローゲーム Downsized マス

ラットレースを脱出するにはどうすればいい?

ラットレースでのルールは以上です。
ここからはラットレースを抜ける上でのコツをご紹介します。

キャッシュフローゲーム写真

まずは投資について知りましょう!

このゲームでは株、不動産、投資信託、預金、ビジネスなどのチャンスが訪れます。
どれもチャンスではあるのですが、どれでも闇雲にやれば良いというものではありません。

それぞれにメリットとデメリットがあり、まずはその特性を正しく知ることが重要です。
その上でどのような利益を期待するのか、どれくらいの損失なら許せるのか考えて投資をしましょう。

そのように考えてよく考えてください。
いずれ良いチャンスに巡り会えるはずです。

不動産投資のカード
不動産投資のカード

良いと思ったチャンスには積極的にチャレンジしてみましょう!

メリットとデメリットについて正しく理解できると、
デメリットがほとんど感じられないようなチャンスや、
デメリットに比べて極端にメリットが大きいチャンスに巡り会います。

そう思えるようなチャンスが来たら積極的にチャレンジしてみましょう!
そのチャレンジが安定的な不労所得を生んだり、
ラットレースを脱出するきっかけとなる大金になる可能性もあります。

ROI81%のオートメーションビジネスのカード
ROI81%の大チャンスカード

お金が無くてチャンスに挑戦できない、そんなときは?

実際にキャッシュフローゲームをやってみると、

「良いカードを引いたのにお金が無くて挑戦できない…」
「キャッシュフローが低すぎてお金が全然貯まらない…」

といった状況によく遭遇します。

こういった状況に陥ってしまったときにどのように対処すればいいか?を
最後のポイントとしてお伝えします。

Pay check を待って貯金をする

第1の方法はとにかく貯金することです。

お金が増えるかどうか怪しい株や投資信託、ビジネスのカードは全部無視して、
とにかく少しでもキャッシュフローが良くなるチャンスに巡り合うのを待つ方法です。

確かに少しずつキャッシュフローが少しずつ良くなりそうで、一見一番安心です。
しかし、そうしている間に残り時間はどんどん短くなりますし、
せっかく貯めたお金がDownsizedマスで一気になくなる可能性もあります。

まずは検討する方法ですが、次の投資までに何回ものPay Checkを待つ必要があるなら
別の方法についても検討してみましょう。

積極的にお金を借りて資産を増やす

キャッシュフローゲームでは投資用ローンのほかに銀行ローンを組むことができます。
(1000ドル単位、借入額の10%を支出に追加)

むやみに借金を増やすのはおすすめしませんが、
手元のキャッシュフローが痛まない程度ならば積極的にお金を借りても良いと思います。

この方法の何よりいいのは時間がかからないことです。
次のチャンスはいつ来るか分かりませんが、借金はいつでも返すことができます。

とは言え、お金を借りるにはどうしても抵抗があると思います。
実際にゲームをやりながらどのように借りたら良いか考えてみましょう。
(下の記事でお金を借りることのリスクとリターンを詳しく説明しています。)

「借金してはいけない」は間違い?この言葉の裏側に隠された本当の意味とは

その情報は売れるかも?

チャンスカードをよく見ると、「このカードを自分で使うか、ほかのプレーヤーに売ることができる」とあります。

何気なく書いてありますが、これはかなり重要です。
自分では手の届かなくても、他の人なら手が届くこともあります。
お金は持っているのに良いチャンスに巡り会えないプレーヤーが周りにいれば、お互いにwin-winの関係が築けます。

自分では手が届かないけど良いカードを引いたときは積極的に交渉してみましょう。

このゲームでは1番早い人だけがあがれますが、他のプレーヤーは敵ではありません。

ルールが分かったら実践してみましょう。

ラットレースのルールと脱出するコツはばっちり理解できましたでしょうか?
ここまで分かればあとは実践あるのみです!

実際にゲーム会に参加してみましょう!

<キャッシュフローゲーム会に参加する!>